パソコン用のキーボード

category01

パソコンにはキーボードとマウスが必要ですが、ノートパソコンを除いて多くのパソコンでは自分の好きなキーボードが選べます。

ipadの教室情報の比較検討にオススメの情報を集めました。

キーボードは価格も、性能も、色もさまざまです。

1人1人に合ったNAVERまとめを情報を幅広くご活用下さい。

キーボードの選び方としては触ってみる、デザイン、価格など人によってかなりの差があります。

特に初心者の場合はどのキーボードが良いのか分からずに価格だけで選んでしまう方も少なくないようです。


キーボードを選ぶ場合のポイントは主に2つです。


1つ目は打鍵時の深さ、もう1つはキーボードの大きさです。


打鍵については軽さも重要なのですが、もっともキーボードを打った際に違いを感じるのが深さと言われています。


ノートパソコン用のキーボードのように浅く、力を入れずに打てるタイプが主流になっていますが、昔ながらの深く、重いキーを好む方も多いです。


キーボードの打鍵の深さは価格とは関係ないので購入時は可能であれば試し打ちして確認することをオススメします。

また、キーボードには大きさの規格がありません。



極端に小さいもの、大きい物とメーカーによっても価格によってもかなり異なります。


置き場所や手の大きさ、打った時の感覚で選ぶことがとても大事です。

予備知識

category02

パソコン教室を選ぶ時は、何を基準に選んだらいいのでしょうか。パソコン教室の体制には、マンツーマン、10人未満などの小規模、10人から25人未満の中規模、25人以上の大規模などの体制に概ね分けられるのではないでしょうか。...

subpage

学ぼう資格の事

category02

パソコンはワープロ機が使えるようになってから10年ぐらい経つと一般人でも購入して利用できるようになりました。OSも最初はWindowsとMacの2本仕立てでしたが、その後オープンソールとよばれるLinuxをはじめとした各種のものも利用できるようになりました。...

subpage

納得の情報

category03

パソコンと言えば、事業所のオフィスや個人の自宅などで活用され、今の時代になくてはならない存在となっています。事務作業の能率化をはじめ、インターネットを繋いでおけば、いろいろな情報を得る事が出来、また、大企業においては、複数のパソコンの中のデータを共有化出来るなど、多くの利便性を誇っています。...

subpage

基礎知識

category04

若い世代の人の中にはスマートフォン世代とされ、パソコンに触れたことがないという人が少なくありません。学校などでパソコンに関する授業を受けていても、日々の生活ではスマートフォンが主流となって久しく、パソコンに触ること自体が少なかったりあるいはそもそも触れる機会すらないという人が増えている実態です。...

subpage